山中漆器 人間国宝

山中漆器 > 人間国宝 川北良造


山中がうんだ人間国宝 川北良造氏の作品を紹介 川北良造氏の肖像
人間国宝 川北良造
川北良造氏略歴 昭和9年石川県山中町生まれ。中学卒業後、山中木工界から初めて作家としての道を開いた父浩一氏に師事し、後に人間国宝氷見晃堂氏の指導を受ける。昭和37年日本伝統工芸展初入選、同39年日本工芸会正会員。同41年、42年に連続して同展で日本工芸会会長賞を受賞。同53年北國文化賞、平成2年石川県文化活動奨励賞を受ける。現在、日本工芸会理事、同会石川支部幹事長、石川美術文化協会副理事長、山中漆器ろくろ技術保存会会長。作品紹介
兼六園 山崎山欅造 盆
桑造 喰籠
欅造 手提三段重
欅造 木目沈金 知足食籠
鉄刀木 菓子重
欅造 方盛器