山中の名工

山中漆器 > 歴代の名工


歴代の名工

山中は、これまでに多くの名工といわれた人を輩出してきました。残念ながら、今日において、すべての人の作品が残っている訳ではありませんが、産地に残っている作品や美術館のコレクションとなっているものから、名人といわれた人々の技術力の高さをうかがうことができます。ここで紹介する歴代の名工は、山中の歴史を語るうえで特に忘れてはならない人たちです。また、ここであげた人以外にも、多くの人々の功績が産地の地位 を築いてきたことは、いうまでもありません。
 
木地
 蓑屋平兵衛 (みのや へいべい)
 荒谷宇平 (あらたに うへい)
 三桝屋清蔵 (みますや せいぞう)
 松野庄五郎 (まつの しょうごろう)
 沢出万吉 (さわで まんきち)
 筑城良太郎 (ついき りょうたろう)
髪漆
 竹内藤三郎 (たけうち とうざぶろう)
  初代 呉藤友乗 (ごとう ゆうじょう)
蒔絵
 会津屋由蔵 (あいずや よしぞう)
 笠屋嘉兵衛 (かさや かへい)
 越前屋六右衛門 (えちぜんや ろくえもん)
 田中二三郎 (たなか にさぶろう)