石川新情報書府に戻る 輪島塗トップメニューに戻る
輪島塗の歴史 輪島塗の製造工程 輪島塗のいろいろ 作家紹介 輪島塗工房 風土 ふれあいフォーラム
輪島塗の製造工程
呂色

 上塗り(うわぬり)の後、艶を出すために行う作業を呂色(ろいろ)といいます。漆器の表面を駿河炭や呂色炭で平滑に研ぎ、漆を数回拭き浸ませて、細かい研磨材で磨き、鏡にような光沢を与えます。この作業は、傷をつけないようにするため、人の手で丁寧に行われます。 呂色


作業風景 磨く


椀木地作り 下地 下地研ぎ 漆 中塗り 上塗り 加飾
前の工程に戻る 輪島塗メインメニュー 製造工程メインメニュー
前の工程に戻る
椀木地作り地の粉の製造下地下地研ぎ中塗り上塗り加飾蒔絵沈金呂色

工程メインメニューへ

歴史製造工程いろいろ作家工房風土ふれあい

輪島塗トップメニューへ