石川新情報書府に戻る 輪島塗トップメニューに戻る
輪島塗の歴史 輪島塗の製造工程 輪島塗のいろいろ 作家紹介 輪島塗工房 風土 ふれあいフォーラム
輪島塗の製造工程

荒型 1. 荒型(あらがた)

原木をおおまかなお椀の形に削り、燻煙乾燥(くんえんかんそう)させます。

荒挽き 2. 荒挽き(あらびき)

実際のお椀よりも一回り大きめに削り、再び乾燥させます。

木地 3. 木地(きじ)

ろくろを使い外、内、糸底をていねいに挽き上げます。

木地固め 4. 木地固め(きじがため)

刻苧(こくそ)で木地の接合部や割れ目などを補強し、生漆(きうるし)を全体に染み込ませます。

布着せ 5. 布着せ(ぬのきせ)

上縁や糸底など、壊れやすい部分に布を貼り付けます。

惣身地付け 6. 惣身地付け(そうみじづけ)

布と木地の境目をなくすため、惣身漆(そうみうるし)を塗ります。

一辺地付け 7. 一辺地付け(いっぺんじづけ)

生漆(きうるし)に地の粉(じのこ)と米のりを混ぜたものを全体に塗ります。

一辺地研ぎ 8. 一辺地研ぎ(いっぺんじとぎ)

荒砥石(といし)で全体を空研ぎし、粉塵を取り除きます。

三辺地付け 9. 三辺地付け(さんぺんじづけ)

最も粒子の細かい地の粉(じのこ)を使い下地を塗り重ねます。

地研ぎ 10. 地研ぎ(じとぎ)

三辺地(さんぺんじ)が乾燥した後、全体を砥石(といし)を使って水研ぎします。

中塗り 11. 中塗り(なかぬり)

中塗り漆を全面に塗り、塗師風呂(ぬしぶろ)へ入れて乾かします。

中塗り研ぎ 12. 中塗り研ぎ

青砥石または駿河炭(するがたん)で、全体を水研ぎします。

上塗 13. 上塗り(うわぬり)

最上質の漆を使い、刷毛目(はけめ)を残さないように塗り上げます。

呂色 14. 呂色(ろいろ)

炭で平滑に研ぎ、生漆をすりこんでは磨くことを繰り返し、つやを上げます。

蒔絵 15. 蒔絵(まきえ)

筆に漆を付けて絵を描き、その上に金粉などを蒔きます。

沈金 16. 沈金(ちんきん)

ノミで絵柄を彫り、金箔などを埋め込みます。

椀木地作り 下地 下地研ぎ 漆 中塗り 上塗り 加飾
前の工程に戻る 輪島塗メインメニュー 製造工程メインメニュー 次の工程へ
前の工程に戻る     次の工程へ
椀木地作り地の粉の製造下地下地研ぎ中塗り上塗り加飾蒔絵沈金呂色

工程メインメニューへ

歴史製造工程いろいろ作家工房風土ふれあい

輪島塗トップメニューへ