山の民のくらしと文化 山の民の文化バーチャル体験 白山の語り部   白山之記資料室 白山と山の民の郷 トップへ戻る
                      参考文献

白山之記資料室メニューへ戻る
2.民俗文化辞典祭事芸能手工芸民話
千蛇ヶ池と蛇塚 白峰村
木曽義仲の伝説 鶴来町
猿仏 河内村
仏御前の話 吉野谷村
団子くらっせ 鳥越村
目付谷(めっこだに) 尾口村
木曽義仲の伝説 鶴来町
白山七社の第一宮、金劔宮。礪波山の戦いの際、倶利伽羅谷で平家の大軍を打ち破った木曽義仲は、「今回の戦は我々だけの力で勝ったのではない。白山権現様が勝利へと導いてくださったのだ」といって喜び、鞍置馬20頭を金劔宮に奉納して尊崇したそうです。
手取川の名前も義仲に関わりがあります。当時、手取川は濁流渦巻くあばれ川でした。逃げる平家軍の後を追う義仲軍が流れに押し流されないよう、手に手を取り合って川を渡ったということから『手取川』と名づけられたそうです。そのほかには、川を渡るのに大変手間を取られたということから名づけられたとの言われもあります。
石川新情報書府日本語英語
サイト内検索 サイトマップ
Get Flash5 Plugin
 
Copyright2003 Ishikawa Prefecture Japan