HOME   サイトマップ
Japanese | English | Chinese | Korean
加賀お国染による技と美
加賀お国染とは お国染の歴史 匠の技 暮らしと着物 資料データベース 動画で見るお国染 用語集
HOME > 用語集
用語集
       
茜染 あかねぞめ 茜の根を煎じた染液により、やや黄色味をふくむ鮮やかな赤色を染める。古くから藍染に次ぐもので、衣料や旗指物などに用いられた。
梅染(黒梅染) うめぞめ
(くろうめぞめ)
室町時代初期〜江戸初期にかけて行なわれていた、梅の樹皮や芯材を煎じた染液による加賀独特の無地染め。
お国染 おくにぞめ 加賀地方で発展した、染物の総称。江戸初期頃までは無地染のものであったが、中期以降には、現在加賀友禅といわれている模様染のこともいう。
御細工所 おさいくじょ 江戸時代に、主に武具の製作や修理などをしていた加賀藩の工房のこと。武具以外に、調度、什器などの工芸品も製作するようになった。
押絵紋 おしえもん 子供の一つ身の着物に「背守り」として用いる。押絵は布細工のひとつ、押すとは貼り付けるの意味。
加賀憲法染 かがけんぽうぞめ 京都で吉岡憲法が始めた黒染の「憲法染」が加賀に伝わり、独自の堅牢な染め物として用いられた。
加賀のれん かがのれん 加賀の独特な風習とされる、外のれんと内のれん(花嫁のれん)の総称。外のれんは茶の間と次の間の間に、花嫁のれんは仏間や夫婦の部屋の入り口に掛けるもの。
加賀紋 かがもん 紋の周囲に友禅染で彩色した飾り紋。略礼装の着物に用いられ、明治以降は、のれんや袱紗などにも用いられている。
家紋 かもん 家系や家柄・地位を表すために用いられてきた紋章のこと。明治維新以後、一般に定着した。
唐草 からくさ 茎や蔓、葉の絡みあった蔓草文様のこと。古くからあるが、江戸時代以降、一般に広まった。連続した柄として用いられることが多い。
染軸 そめじく 染色技法を用いて描かれた掛け軸。中心の絵と周りの表装すべてが、一枚の絹布に、顔料による描画や染色技法で描かれている。藩政時代に主に献上用として作られた。
中型 ちゅうがた 型紙を用いて糊防染し、藍染めしたもの。木綿や麻に施され、おもに布団用の布に用いられていた。中型は、小紋と大紋の間の大きさという意味からきている名称。
羽織 はおり 着物の上に着るジャケットのようなもの。用途によっていろいろな形態がある。
半襟 はんえり 着物の下に着る襦袢(じゅばん)の衿に掛ける布。無地のものや、胸元に見える部分に染めや刺繍で模様をほどこしたものなど、着物に合わせたおしゃれのポイントでもある。
袱紗 ふくさ 進物を贈る際に三宝や広蓋にのせた品物の上に掛けたり、配り物の重箱を包むのに用いる布。絹地のものが多い。
風呂敷 ふろしき ものを包むための正方形に近い布のこと。もとは木綿か麻地で、紬地や縮緬地のものもある。用途に応じて、いろいろな大きさのものがある。
無地染 むじぞめ 布を単色に染めたもの。染料液に浸したり、刷毛で引き染めにして染色する。天然の染料の場合は、草木の根、樹木、葉、実などを使用。
夜具 やぐ 寝具として用いる布団などの総称。
夜着 よぎ 着物に近い形で、中に綿が入っている。掛け布団として寝具に用いる。


 Copyright Ishikawa Prefecture JAPAN 1997-2008