HOME   サイトマップ
Japanese | English | Chinese | Korean
加賀お国染による技と美
加賀お国染とは お国染の歴史 匠の技 暮らしと着物 資料データベース 動画で見るお国染 用語集
HOME > 暮らしと着物
暮らしと着物

着物イメージ写真

着物写真着物は、古くからその時代の文化や、日本の気候、風土に対応し、日本人の衣類としてさまざまに形や用途を変化させてきました。

現在の着物らしい形の物が出てきたのは、平安時代に入ってからです。男子の衣類は束帯(そくたい)、女子の衣類は唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)や女房装束(にょうぼうしょうぞく)と呼ばれました。それぞれ袖口が大きく開いた、今でいう広袖のような形をしており、それらの下に小袖を下着として着用していました。いずれも公家の好みの優雅な服装で、よく知られている十二単のように色を変えて重ね着することが権力の象徴とされていました。

鎌倉・室町時代になり武士が台頭してくると、それまでの重くて動きづらい装いから、戦いに適した軽くて動きやすい実用的な形に変化していきました。特に室町時代の半ば以降は戦国の世となり、高価な衣服は姿を潜めます。それに変わって、平安時代まで下着として着られていた小袖が衣服として誕生し、現在の着物の原型ができあがったのも、このころといわれています。

安土・桃山時代に入ると、戦国時代の反動を受けて華やかな文化が開花します。着物の主流は小袖となり、豪華な染織、摺箔(すりはく)や繍(ぬ)いの技術が発展して、模様としてあらわれています。このころになると、貴族や武家だけでなく、商人の力も強くなり、庶民の間でもだんだん派手な着物が出回るようになりました。

江戸時代に入ると町民文化が目覚ましく発達し、町人も華やかな衣類を着用するようになりました。300年かけて培われた江戸文化の中で「友禅染」や「西陣織」なども誕生。素材や模様の数も多くなり、帯も幅が広くなり長さも増していろいろな結び方を楽しむようになりました。小袖の形は、このころにほぼ完成したといわれています。

明治時代に入って鎖国が終わると、外国から洋服の文化が入ってきました。着物の文化はまだ根強く残っていましたが、洋服の文化と合流して次第に和洋折衷の服装が一般にも浸透しました。大正時代になると、女子も職業を持つようになり、着物に比べて脱ぎ着が楽で動きやすい洋服が日常着となっていきました。

昭和に入り第二次世界大戦が勃発して、衣類が国民服に統一され、着物は一時空白時代を迎えました。この時期を境に、着物は伝統的な日本の民族衣装として、日常着から特別な時に着るものと変化していきました。

着物写真しかし、最近ではまた、着物は身近なファッションのひとつとして受け入れられてきています。脱ぎ着が簡単な着物や着脱が便利な帯などが開発され、ちょっとしたお出かけ着として用いられるようになってきています。また、着物は、洋服ほど流行廃りに大きく左右されることもなく、逆に、昔の高度な技術で作られた古い着物に新しさを感じる傾向もあるようです。

めまぐるしく生活様式が変化しても、古来からの日本の着物文化は日本人の心に息づいて、時代に対応しながらずっと続いていくことでしょう。

前のページに戻る
 ページの先頭に戻る


 Copyright Ishikawa Prefecture JAPAN 1997-2008