風呂敷
風呂敷は方形の布で、使用目的により自在に変化があり、便利なものです。古来は、物を包む方形の布はひらづつみと呼ばれ、風呂に入る時足を拭いたり、敷いて座る布が風呂敷と呼ばれていました。江戸時代に風呂敷とひらづつみの区別が無くなり、物を包む布がすべて風呂敷と呼ばれるようになったようです。元来は木綿か麻地で、絹の紬地や縮緬地は明治以降に流行したものです。大きさは二幅物から五幅物まで用途に応じてあり、正方形ではなく一方(縦)が長い方形となっています。明治時代になって庶民も苗字と家紋を持つと、家紋入りの風呂敷が多く用いられるようになります。紋は右下または左下の隅に入れ、包んだ時に正面になるように配置されています。

加賀には友禅の仕事と併用していた紺屋が大勢いて、糊置きや藍染めの仕事をこなして風呂敷類も染めました。裁断した小幅生地を仮縫いして青花で模様下絵を描き、解いて小幅に戻して伸針で張り上げ、模様部分を筒描で糊防染し、引き染め又は浸染で地を染めます。水洗いで糊を落とし、湯のしをした後、絵羽を合せながら本縫い仕上げをしますが、絵羽口(縫目部分)に模様のズレがおこることがあります。なお、加賀の筒描による模様表現には繊細で上品なやさしさがあります。