六勝物語

「六勝」について

兼六園の名が、白河藩主・松平定信(楽翁)によって、中国・宋の時代の書物「洛陽名園記」から引用されて付けられたのは、よく知られている。

「園圃之勝 不能相兼者六 務宏大者少幽邃 人力勝者少蒼古 水泉多者無眺望 兼此六者惟湖園而巳

優れた庭園にするために兼ねられないものが6つある。広々とした様子を表現しようとすると、静かで奥深い風情が少なくなってしまう。人工的なものが勝っていれば、古びた趣が少なくなる。水の流れを多くすると遠くを眺めることができない。これを兼ね備えているのは湖園だけである。

加賀藩主に命名を依頼された定信は、兼ねることが無理な6つの魅力を兼ね備えていたという中国の名園にちなんで、「兼六園」の名を贈った。当時、千歳台の一帯には、竹澤御殿が立ち、今のような霞ヶ池や曲水もなく、現在とはほど遠い姿であった。また、定信が実際に加賀を訪れた記録もない。加賀百万石の藩主の庭にふさわしい名前として名付けたのだろうか。詳しいことは分からないが、その名にふさわしい名園として、現在に受け継がれていることは確かである。