石川新情報書府はこちら いしかわの伝統工芸 はじめのページはこちら 九谷焼はこちら 輪島塗はこちら 金沢箔はこちら 全もくじはこちら
輪島塗のことを知る!(1/2)
輪島塗のことを知る!
 輪島塗って何だろう?
 輪島塗の歴史をさぐる
 コラム『漆(うるし)って何?』
輪島塗ができるまではこちら
職人さんの技とこころはこちら
輪島塗のあしたはこちら
もっとくわしく知りたい人はこちら
輪島塗って何だろう?
★オレンジ色の文字に矢印を合わせると説明がでるよ。
■輪島塗って何だろう?(1)

 「うるわしい」「うるおす」が語源(ごげん)とされる漆(うるし)。海外では漆器(しっき)のことを「ジャパン」と呼んでいます。そして、漆器(しっき)といえば輪島塗。

 石川県輪島市で生産される輪島塗の特徴(とくちょう)には

・ 木地(きじ)にケヤキ、アテ、ホオの木などの天然の木を使うこと。
・ 質の良い漆(うるし)を使うこと。
・ 100回をこえる心をこめた手作業をして、堅くてじょうぶな塗りを行うこと。
・ 沈金(ちんきん)、蒔絵(まきえ)などの美しい装飾(そうしょく)をすること。


 があげられます。

 
輪島塗の二段重(にだんがさね)

 
棚(たな)

もどるすすむ
(1/2) 
  このホームページについての質問(ききたいこと)はこちらまで!