石川新情報書府はこちら いしかわの伝統工芸 はじめのページはこちら 九谷焼はこちら 輪島塗はこちら 金沢箔はこちら 全もくじはこちら
職人さんの技とこころ(1/4)

輪島塗のことを知るはこちら
輪島塗ができるまではこちら
職人さんの技とこころ
 職人さんの技
 職人さんのこころ
 職人さんになるには
 体験するとおもしろいよ
輪島塗のあしたはこちら
もっとくわしく知りたい人はこちら
職人さんになるには
★オレンジ色の文字に矢印を合わせると説明がでるよ。
■職人さんになるには(1)

 輪島塗の世界には、親方のもとに弟子(でし)入りして修行をつむ徒弟(とてい)制度があります。漆職人(うるししょくにん)の年季奉公(ねんきほうこう)は昔で8年、今日では4年となっています。

 職人を目指す人は親方のもとで4年間修行し、一通りの技術を身につけます。この修行期間を終えることを「年季明け(ねんきあけ)」といい、これで晴れて一人前の職人として認められます。

 
年季明けの儀式(ねんきあけのぎしき)
もどるすすむ
(1/4) 
  このホームページについての質問(ききたいこと)はこちらまで!