石川新情報書府はこちら いしかわの伝統工芸 はじめのページはこちら 九谷焼はこちら 輪島塗はこちら 金沢箔はこちら 全もくじはこちら
九谷焼のことを知る!(1/2)
九谷焼のことを知る!
 九谷焼って何だろう?
 九谷焼の歴史をさぐる
 コラム『古九谷の謎』
九谷焼ができるまではこちら
職人さんの技とこころはこちら
九谷焼のあしたはこちら
もっとくわしく知りたい人はこちら
九谷焼って何だろう?  
写真:色絵鳳凰図平鉢(いろえほうおうずひらばち)

★オレンジ色の文字に矢印を合わせると説明がでるよ。
■九谷焼って何だろう?(1)

 かつて「ジャパン・クタニ」と呼ばれ、国際的(こくさいてき)にも有名な九谷焼は、石川県で作られる焼き物です。その最大の特色は「上絵(うわえ)付けを離れて九谷焼はない」とまでいわれる色絵装飾(いろえそうしょく)の美しさにあります。

 上絵付けとは本焼きした陶磁器(とうじき)の釉薬(ゆうやく)の上に紋様(もんよう)をかき、もう一度焼くやり方のことです。そのとき、用いられる絵具は、赤・黄・緑・紫・紺青(こんじょう)の5色で、これを「九谷の五彩(ごさい)」と呼んでいます。色絵(いろえ)・五彩手(ごさいて)青手(あおて)の二つのスタイルがあります。

もどるすすむ
(1/2) 
  このホームページについての質問(ききたいこと)はこちらまで!