石川新情報書府はこちら いしかわの伝統工芸 はじめのページはこちら 九谷焼はこちら 輪島塗はこちら 金沢箔はこちら 全もくじはこちら
金沢箔の歴史をさぐる(1/3)
金沢箔のことを知る!
 金沢箔って何だろう?
 金沢箔の歴史をさぐる
 コラム『食べられる金箔』
金沢箔ができるまではこちら
職人さんの技とこころはこちら
金沢箔のあしたはこちら
もっとくわしく知りたい人はこちら
金沢箔の歴史をさぐる
★オレンジ色の文字に矢印を合わせると説明がでるよ。
■金沢箔の歴史をさぐる(1)

 金沢箔は1593(文禄2)年、加賀藩を作った・前田利家(としいえ)が豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵(ちょうせんしゅっぺい)の時に活動の中心となった肥前名護屋(ひぜんなごや)の戦場から、ふるさとへ金箔の製造(せいぞう)を言いつけたことが最古の記録として残っています。その後、加賀藩が必要とする、美術工芸品などの材料として製造がすすめられました。

 
金箔がふんだんに使われた屏風(びょうぶ)
もどるすすむ
(1/3) 
  このホームページについての質問(ききたいこと)はこちらまで!