石川新情報書府はこちら いしかわの伝統工芸 はじめのページはこちら 九谷焼はこちら 輪島塗はこちら 金沢箔はこちら 全もくじはこちら
職人さんの技とこころ(1/2)

金沢箔のことを知るはこちら
金沢箔ができるまではこちら
職人さんの技とこころ
 職人さんの技
 職人さんのこころ
 体験するとおもしろいよ
金沢箔のあしたはこちら
もっとくわしく知りたい人はこちら
職人さんのこころ
■職人さんのこころ(1)

子供の問いかけ:
「金箔を伸ばすときに使う箔打紙(はくうちがみ)ってどんなもの?」

職人のこたえ:
「薄い金箔を作る時、直接金をたたいて打ち延ばすことはできないので、1枚1枚、箔打紙にはさんで紙の上から打ち延ばしていくのだよ。10000分の1ミリの薄さにするためには、なんといってもこの箔打紙が大事なんだ。また、この箔打紙の出来の良い悪いによって金箔の品質(ひんしつ)が決まるので、しぶがきからとった汁やアクなどに紙をつけて工夫しながら、箔打紙を作るんだよ」

 
もどるすすむ
(1/2) 
  このホームページについての質問(ききたいこと)はこちらまで!