北前船 石川新情報書府
未来海道ものがたり 北前船紀行 ネットワークリンク集
トップページ サイトマップ
未来海道ものがたり 信仰・芸能・学術
DVDについて
イントロ
北海道・大阪・石川の繋がり
生い立ち
北前船主と船の構造
銭屋五兵衛の隆盛
経済動脈
食
信仰・芸能・学術
海の道とネットワーク
曹洞宗大本山「總持寺」祖院。


全国におよそ1万5000もの末寺を抱える曹洞宗は、各地の末寺の住職が本山の住職を務める「輪住制」という独自の制度を敷いて発展してきた。




その輪住制を支えたのが、能登の海上交通だったとされている。




北前船の寄港地だった門前の黒島が、その外港としての役割を果したといわれ、能登・門前は、まさに海の玄関口という一面をもっていた。


総持寺
門前町總持寺
  門前・黒島
角海邸
ページ 1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目 6ページ目
  More
  勅願所御用船札