北前船 石川新情報書府
未来海道ものがたり 北前船紀行 ネットワークリンク集
トップページ サイトマップ
未来海道ものがたり 生い立ち
DVDについて
イントロ
北海道・大阪・石川の繋がり
生い立ち
北前船主と船の構造
銭屋五兵衛の隆盛
経済動脈
食
信仰・芸能・学術
海の道とネットワーク
「北前船」が、交易船として日本海に踊り出るのは18世紀後半ごろからである。



当時の日本は、幕府は江戸に置かれていたが、経済の中心は大阪、京都などの、いわゆる上方と呼ばれる地域であった。




蝦夷地、現在の北海道や東北からの物資は、もっぱら福井の敦賀、小浜の港を経由して上方に運ばれた。



敦賀、小浜から陸路を経由して琵琶湖に入り、琵琶湖の交易船「丸子船」に荷物を載せ、京都、大阪へ渡った。


しかしこのルートは、海と陸を何度も経由することから、荷物の損傷や、運賃コストがかさみ、新たなルートの開拓が待たれていた。
北前船写真
小浜港に出入りした北前船
昆布と身欠けニシン
昆布と身欠ニシン
ページ 1ページ目 2ページ目
 
  More
  船絵馬毘沙門丸