北前船 石川新情報書府
未来海道ものがたり 北前船紀行 ネットワークリンク集
トップページ サイトマップ
未来海道ものがたり 北前船主と船の構造
DVDについて
イントロ
北海道・大阪・石川の繋がり
生い立ち
北前船主と船の構造
銭屋五兵衛の隆盛
経済動脈
食
信仰・芸能・学術
海の道とネットワーク
では「北前船」に乗り込んだ男たちは、どのようにして日本海航路の主役になっていったのだろうか。


加賀の「北前船主」の多くは、もともと滋賀・ 近江商人の雇われ船頭から出発した。



17世紀後半から18世紀はじめのことである。



近江商人は、内地から最初に蝦夷地に入った商人といわれ、蝦夷地開拓によってもたらされた交易品を運ぶ船の、船頭や水主(かこ)として、若狭、越前、加賀の船乗りたちを重用した。



航海を任され、商品売買を経験するにつれて、彼らはしだいに商才を発揮しはじめる。

江差屏風
綿花
船頭長衣
ページ 1ページ目 2ページ目 3ページ目
  More
  奥能登海図