金沢産業勃興記

石川の産業史において、繊維産業の興隆がその端緒であり、そこから様々な分野の機械工業が派生してきた。
繊維産業は比較的手間をかけずとも産業化しやすい分野ではあったが、「明治33年は石川絹織物業にとって革命的変革期であった」(中村静治『地方特殊産業の構造』)と評されるように、津田米次郎が国内初となる動力式絹織機を開発したことは、「繊維王国・石川」の屋台骨が形づくられると同時に、石川の機械工業が内発的に発展していく礎が築かれた瞬間でもあった。

明治期の金沢

明治期の金沢

長谷川準也が推進した金沢の殖産興業

藩政時代の金沢は、三都(江戸、大坂、京都)に次ぐ人口を誇り、産業・文化の一大集積地だった。
1873年(明治6)、徴兵制が導入されると、士族は無用の存在となり、さらに家禄支給が打ち切られて経済的特権をも失った。人口の半数を士族が占めていた金沢の衰退は特に顕著で、1871年(明治4)に12万人を数えた人口は、1896年(明治29)には8万人にまで減少、近代化に立ち遅れてしまう。
一方で、家禄にかえて支給された公債を元手に、士族は様々な産業分野に進出した。なかでも注目されるのが、士族授産の一環として、後の2代目金沢市長・長谷川準也が主導した金沢製糸場の設立であった。1874年(明治7)の建設当時、富岡製糸場に次いで全国2番目の規模を誇った。
石川は多湿地帯で、本来、機織りに適した風土であったにもかかわらず、その頃の県内産の繭は少量・粗悪で機械織りに適さず、群馬・長野等から買い付けなければならなかった。加えて、生糸の知識も乏しく低品質の商品を高値で買わされたため、全国的な好況下でも損失を出す始末で、負債が積み重なっていった同社は設立からわずか5年後の1879年(明治11)に閉鎖されてしまう。
しかし、初期の殖産興業が果たした役割は大きかった。明治10年代後半に至ると、繭の生産量と品質が充足し、士族子女を中心とする労働者の技術力も向上していった。金沢をはじめ江沼郡や能美郡でも養蚕業や絹織物業が発展、各地で近代産業の芽が次第に広がり、産業革命の前提が生み出されていった。

長谷川準也(1843~1907)

旧加賀藩士の家に生まれる。明治6年(1873)金沢総区長。困窮していた士族の生計を立てるために殖産興業を推進し20数社を設立、失業の士族に養蚕を勧めた。会社設立の基金は士族が受けた金録公債。尾山神社の神門建設や電灯設置にも尽力した。

水登勇太郎

水登勇太郎

繊維産業の興隆─軽目羽二重の生産

羽二重は「ちりめん」と並ぶ絹織物の代表格で、「加賀羽二重」は江戸初期から全国にその名を知られていた。
明治中期からは、ハンカチ等に適した軽目羽二重が輸出品として注目される。当時、群馬県桐生や福井が重目羽二重で先行していたため、石川では付加価値の低い軽目物で独自の需要を開拓し、差別化を図った。
軽目羽二重の生産には、大資本、高度な技術は不要だったため、士族・小地主資本が新興機業家として再出発を果たす一方、周辺農村は工場労働力を析出した。やがて洋式のバッタンを使用した広幅の軽目物を生産するようになると、石川の羽二重は評判が高まっていく。
力織機化が容易であった軽目羽二重は、次第に薄利多売・大量生産への道を歩んでいく。折しも1880年代後半、欧州諸国が機械制工業化を成し遂げると、低賃金に頼る手織機中心の国内業者を圧迫し始めた。明治33年(1900)、織物業界が恐慌に陥り羽二重、生糸価格が暴落すると、石川では他の産地に先駆けてマニュファクチュア経営の導入、機械制工場制度への移行機運が高まった。高価な外国産力織機に代わる安価な国産力織機の開発が嘱望され、金沢でも新進起業家・水登勇太郎(金沢商業会議所会頭)が、恐慌に耐えうる力織機導入を推進した。

水登勇太郎(1852~1917)

実業家。キリスト教にいち早く入信し、宣教師を通じて搾乳技術を習得、放牧場などを経営した。1887年金沢商工会(金沢商工会議所の前身)の創立に参加、2度会頭を務めた。1906年頃から機業家としても活躍し津田米次郎を援助。また立憲政友会県支部の創設に尽力し、衆院議員にもなった。

河合辰太郎

河合辰太郎

河合辰太郎の「金沢論」

桐生から石川県に羽二重製織技術が伝わったのは明治20年(1888)頃。しかし、それに先駆けて、製糸・絹織物が金沢の産業に適していると提言した人物がいた。加賀藩士の長男として生まれ育った実業家・河合辰太郎である。明治19年に(1886)まとめられた「金沢論」には、殖産興業で思うように成果を挙げられなかった金沢の、再興の手立てが集約されていた。
河合辰太郎は、絹織物に将来性を見出し、明治維新後、急速に衰退した金沢の復興のために、「金沢を商業地と為すへき事」と主張、これまでの伝統産業とは離れた新しい事業領域での可能性を述べている。特に次の「5要素」を満たす事業を選択すべし、という客観的な分析を加えた点は注目に値する。
1、需用の広き者なる事
2、少量にして高価を有する者なる事
3、保存の永続すべき者なる事
4、習得の簡易なる者たる事
5、就業の間断なき者たる事

(河合辰太郎「金沢論」より)
それまでの金沢の主要産業は、菅笠、金箔、銅器などであったが、これらは5要素を満たすには弱く、河合は新たな候補として陶器、漆器、茶、生糸、織物を挙げている。なかでも製糸・織物がバランスよく5要素を満たし、(木綿、麻に比べて)特に絹織物が事業に適していると結論づけた。また、かつて長谷川準也が推進した殖産興業とは対照的に、最初から大規模な工場をつくる必要はなく、小なりとも、高品質で独自性のあるものをつくるべきであると主張した。
これは、近代化に立ち後れた「後発」ゆえの選択ともいえるが、現代のニッチトップ企業の精神にも通じるイノベイティブな精神が、すでにここで語られているといっても過言ではない。

河合辰太郎(1862~1952)

実業家。加賀藩士の長男として生まれる。農商務省から実業界に転じ、第十五銀行副支配人、凸版印刷社長(創業者)等を歴任。諸産業の歴史と現状を考察し、金沢は「製糸織物を以て産業と定むべき」と指摘。指摘時期の早いことと客観的な予測は、金沢を冷静に観察した結果であると言える。

津田米次郎(金沢市卯辰山)

津田米次郎(金沢市卯辰山)

徹底的なマーケティングから生まれた
津田式力織機

最初から大規模な工場は不要。高品質で独自性のあるものをつくるべき…。河合辰太郎の先見性に技術面から応えたのが、津田米次郎ということになるのだろうか。
米次郎が力織機の発明を志したのは、1877(明治10)、16歳の頃。当時の織機は動力を水車に頼っており、これでは欧州製品に太刀打ちできないと感じたことがその発端だった。米次郎は、欧州製品を小手先だけで模倣するのではなく、各地の織機を見聞きしてまわり、自ら織機製造、羽二重の製織にも携わった。繊維産業の現場にじかに触れ、使い手の声をものづくりに反映させていった。
現代でいえば「マーケットイン」にも通ずる開発精神。顧客の声を積極的に取り入れ、何度も改良を繰り返す。力織機の設計・開発に取り組む米次郎の姿勢には、イノベーターとしてのひたむきさが感じられる。しかもその原動力には、使い手の利害への想いがあり、ユーザー本位の開発者精神の現れでもあった。

津田米次郎(1862〜1915)

発明家、実業家。金沢製糸場を建設した父・吉之助の影響を受けて動力織機の発明を志す。撚糸会社の職工を経て、1878年京都でバッタン機(当時高水準の仏製木綿手織機)を研究、絹織りの機械化に没頭する。失敗の連続で困窮するも水登勇太郎ら支援者が現れ、1900年国内初となる動力式絹力織機を完成させた。共に開発に当たった甥の駒次郎は、のち現在の津田駒工業を興した。

津田式羽二重織機(博物館明治村)

津田式羽二重織機(博物館明治村)

20世紀のはじまりとともに
金沢の近代産業が始まる

研究開始から24年目の1900年(明治33)、ついに我が国初の動力式絹織機となる津田式力織機が完成。当時の金沢は羽二重生産地としてはすでに出遅れていたが、手織機の3倍以上の生産性を誇った力織機による工場制大量生産で、次第にシェアを拡大していく。1900年(明治33)を起点として生産量が飛躍的に増え、大正期まで好調な伸びを示したことがその裏付けとなろう。
津田式力織機は1901年(明治34)、水登機業場に30台が据え付けられたのを皮切りに、各地の工場に設置されていった。水登らの支援を受けて次々と改良版が作られ、1902年(明治35)大阪で開催された第5回内国勧業大博覧会に出品されると、多大な賞賛を博した。
力織機の導入は、本格的な工場制機械工業の成立を意味し、これを機に石川の繊維産業は、紆余曲折を経ながらも飛躍的な発展を遂げる。絹織物業界に産業革命をもたらした“革新織機”は、同時に石川の機械工業を内発的な発展へと導いていく礎となっていった。

津田式羽二重織機(博物館明治村)

津田式羽二重織機(博物館明治村)

津田米次郎が発明し、東京の松尾工場で製品化される。

津田式力織機(復元/日本工業大学 工業技術博物館) 津田式力織機(復元/日本工業大学 工業技術博物館)

津田式力織機

(復元/日本工業大学 工業技術博物館)
明治村の実機、石川県立歴史博物館が所蔵する当時の設計図をもとに復元された。

明治30年頃 津田米次郎自働製織機発明の沿革(津田俊次家文書)

「内地に於ても往々凡庸の発明家出てて之に類するものを按出せんとするあるも、如何せん何れも小刀細工者流にして、器構上の心得もなく実地製織業に経験もなく、使用方に関する利害及ひ中途にして破損したる場合等には、当局者は如何程の困難迷惑を蒙むる哉は、実地に覚識なき輩の俄か工夫に止まり、一も実用を為すものあらず。故に予は是等の点に就き深く注意を怠らず、年来自から斯業に関する諸器械を製作営業し、且つ毎々諸国織物工場を巡見し、尚ほ実地に就て羽二重製織を営み、以て斯業に関する利害を懇篤に審按しつつ〜」

PAGETOP|金沢産業勃興記