いしかわのかたち > 収録モーションデータ いしかわのかたち

 

  1. 「玉うさぎ(抜粋)」
  2. 「潮汲み(抜粋)」
  3. 「松の翁(抜粋)」

  1. 左右納め
  2. うかれる
  3. 飛びかえり
  4. 弓を射る
  5. 蔵を開ける
  6. 鐘をつく
  7. すり足
  8. 山伏の歩き
  9. 酒をつぐ、酒を飲む
  10. お茶を曳く
  11. 嘘泣き
  12. 食べる
  13. 怒る
  14. 泥棒がのこぎりで柵を切り中に入ろうとする(盆山より抜粋)
  15. 山伏が飛ぶ鳥を祈り落とす
  16. 仰ぐ(ぶすより抜粋)

  1. 演目「波(抜粋)」 3種類
  2. 演目「アース(抜粋)」 4種類
  3. リズムパターン 4種類
  4. 大太鼓 4種類

●主人

  1. 棗、茶碗、建水を持ってくる.ひしゃくを置いて、建水の位置を変える
  2. 茶碗、棗を正面へ。ふくさをさばいてなつめを清める
  3. ふくささばき直し、茶碗の上の茶杓を清める。茶筅を出し、茶碗を引く
  4. ふくさ戻し、ひしゃくを持って、釜のフタを開けて置く。湯を茶碗に入れ、茶筅を洗い、建水に湯を捨てる
  5. 建水に湯を捨て、茶巾で茶碗を拭き、お茶を入れて、なつめ、茶杓を戻す
  6. 水差しのフタ開ける。釜からお湯を茶碗に入れ、お茶点てて、茶筅置き、お客に出す
  7. お客から茶碗受け取って、お湯を入れ、建水に捨て、水差しから水を汲み、茶碗に入れ、茶筅取る
  8. 茶筅を取り、茶碗洗って、建水に捨て、茶巾で拭いて、茶筅を戻す。茶杓を取って、建水下げて、ふささばいて茶杓を清めて置く
  9. 茶碗左へ。なつめを置いて、ふくさを腰に。水差しから水を釜へ入れ(水を差す)、かまのフタを閉じ、柄杓取って水差しのフタをしめる
  10. 柄杓、ふたおきを建水にしまって持っていく

●客

  1. お茶を引き、礼をして、茶碗を回し、分けて飲み、茶碗を置いて茶碗を見る
  2. 茶碗を見て、礼をして、茶碗を回し、返して、席に戻り終わる
  3. お客全体(1+2)

もどる