百万石文化のあらまし百万石の技未指定20業種 > 能登花火

能登花火 能登花火画像
能登花火画像ボタン
歴史

地域ごとに技を競う

 もともとは武器として使用されていた火薬が、江戸中期から娯楽用に使われるようになったのが花火の始まりだと言われています。昭和初期までは祭礼や奉納のために地域の青年団がそれぞれの趣向を凝らして技を競い、地域ごとに火薬配合の秘伝帳も存在したほどでした。能登の押水町(現・宝達志水町)に専門の花火業者が誕生したのは昭和8年です。



特色

全国コンクールで3度の優勝

 石川県の花火は、豪華な打ち上げ花火を中心に、仕掛け花火、創作花火、玩具花火などの製造と販売、打ち上げを行っています。近年は、各種イベントの効果や舞台演出装置としても使われるようになり、冬期を中心とした製造期間は多忙を極めます。
 また、伝統に培われた技術の高さには定評があり、毎年、岐阜県の長良川河畔で開催される全国花火コンクールで3度の優勝を果たしています。





●能登上布   ●大樋焼   ●加賀象嵌   ●茶の湯釜
●鶴来打刃物   ●加賀獅子頭    ●竹細工   ●加賀竿
●金沢和傘   ●加賀提灯   ●郷土玩具   ●琴
●三弦   ●太鼓   ●銅鑼   ●加賀水引細工   ●七尾和蝋燭
●手捺染型彫刻   ●能登花火   ●金沢表具


百万石文化のあらまし
石川新情報書府