百万石文化のあらまし百万石の技未指定20業種 > 太鼓

太鼓 太鼓画像
大太鼓
太鼓画像ボタン
歴史

軍用の皮革加工師が始まり

 石川県での太鼓作りの歴史は、慶長14年(1609)、播磨(はりま)国の皮革屋・浅野佐衛門五郎と次郎衛門の2人が加賀藩主に招かれたことに始まります。当初は太鼓だけでなく、軍用の皮革製品製造も行っていましたが、加賀藩が幕府の警戒感を解くために、武芸より文化の奨励に力を入れたことから、次第に太鼓製造にシフトしていったのです。
 現在は主に芸能、祭礼、神事などに使われる太鼓ですが、戦前まではサイレンの代わりとしても使用されました。



特色

直径2mの太鼓を製造

 現在、石川県で太鼓の製造を行っているのは、浅野佐衛門五郎、次郎衛門の子孫にあたる浅野太鼓楽器店だけです。伝統を受け継いだ手作りの製法を守り、音色のよさと、高い完成度に定評があります。
 全国で生産される3尺(約1m)以上の太鼓の70%を占めているのをはじめ、長胴太鼓、火炎太鼓などを作っています。東京都府中市の大國魂(おおくにたま)神社の直径約2mの日本一大きい太鼓も石川県で製造されました。


太鼓について、詳しい情報はこちら
 → 「伝統芸能 楽器」



●能登上布   ●大樋焼   ●加賀象嵌   ●茶の湯釜
●鶴来打刃物   ●加賀獅子頭    ●竹細工   ●加賀竿
●金沢和傘   ●加賀提灯   ●郷土玩具   ●琴
●三弦   ●太鼓   ●銅鑼   ●加賀水引細工   ●七尾和蝋燭
●手捺染型彫刻   ●能登花火   ●金沢表具


百万石文化のあらまし
石川新情報書府