百万石文化のあらまし百万石の技未指定20業種 > 加賀提灯

加賀提灯 加賀提灯画像
竹ヒゴを骨として作られる加賀提灯
加賀提灯画像ボタン
歴史

江戸時代初期に広く普及

 提灯は、松明(たいまつ)に代わる携帯用灯火具として16世紀後半に誕生しました。現在の形になったのは江戸時代初期で、光源のロウソクが安価に手に入るようになると、提灯はまたたく間に人々の間に普及していきました。
 石川県でも、最盛期は60軒あまりの提灯屋がありましたが、その多くは和傘との兼業でした。その数も、洋傘や懐中電灯、街灯の普及とともに減少し、現在は、祭礼、装飾用の提灯を中心に受注生産を続けています。



特色

祭礼用の高級品

 加賀提灯は、竹の骨に和紙を張る伝統的な提灯を作り続けています。長い竹を螺旋(らせん)状に巻いて作る岐阜提灯と違い、細く割いた竹を一本一本、輪にして横骨とし、木綿糸でつないでいきます。手間はかかりますが、丈夫で、美しい曲線を描くことが特徴です。高級品として祭礼用の需要が大きく、春と秋の祭りのシーズン前には全国から注文が殺到します。


加賀提灯について、詳しい情報はこちら
 → 「金沢城下町の暮らし」



●能登上布   ●大樋焼   ●加賀象嵌   ●茶の湯釜
●鶴来打刃物   ●加賀獅子頭    ●竹細工   ●加賀竿
●金沢和傘   ●加賀提灯   ●郷土玩具   ●琴
●三弦   ●太鼓   ●銅鑼   ●加賀水引細工   ●七尾和蝋燭
●手捺染型彫刻   ●能登花火   ●金沢表具


百万石文化のあらまし
石川新情報書府