百万石文化のあらまし百万石の技石川県指定6業種 > 加賀毛針 歴史・特色

加賀毛針 平成元年三月二十四日、石川県指定 歴史・特色 加賀毛針画像






加賀毛針画像ボタン

歴史

武士の趣味品として発達

 加賀毛針の起源は明らかではありませんが、加賀藩では武士の特権として鮎釣りが認められていました。このため、武士が個々に工夫して鮎毛針を考案し、また下級武士の内職としても作られていました。
 明治7、8年(1874、1875)ごろ、釣りが一般に開放され、専業の釣り針屋が営業を始めるようになりました。明治23年(1890)には、内国勧業博覧会に出品し、その美しさから高い評価を受け、東京を中心に全国に販路を拡大していきました。戦時中、ぜいたく品として需要が落ち込みましたが、近年の釣り人口の増加で加賀毛針は根強い人気を誇っています。


特色

実用性と耐久性を追求

 疑似餌(ぎじえ)に見せる部分の原材料は、主に野鳥の羽毛を用います。そして、ハリスは本テグスを用い、ハリスと針の接合部には光明丹(こうみょうたん)と漆、金箔を使って接着し、毛巻きには絹糸を使用します。このことが、水中でも長時間の使用に耐える実用性に優れた針を作り出す秘訣です。
 加賀毛針は大切に扱えば、100匹以上の鮎が上がると言われており、耐久性と同時に、針巻き師と釣り人が針と釣果について絶えず情報交換をし、改良を重ねてきた結果と言えます。



歴史・特色ボタン 工程・現況ボタン

美川仏壇 桐工芸 檜細工 和紙 珠洲焼 加賀毛針


百万石文化のあらまし
石川新情報書府