百万石文化のあらまし百万石の技加賀友禅 > 加賀友禅の特色

加賀友禅 特色 扇とテーブルクロス 画像
加賀友禅の扇子とテーブルクロス

着物画像ボタン


草花の絵画調の柄に特徴

 加賀友禅の特徴は、落ちつきのある写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄にあります。京友禅も加賀友禅もともに宮崎友禅斎によって基礎が作られましたが、時代の変遷とともに各々の特徴が生まれ、加賀友禅の重厚な絵画調の柄に対し、京友禅では華麗な図案風模様構成が好まれます。これは加賀では武家社会に、京都では公家及び町衆文化によって友禅が支えられてきたことによるものだと考えられます。


着物画像ボタン


ボカシで写実性を高める

 絵画調の絵を特徴とする加賀友禅は、写実性を高めるために、線に太さに変化があり、ボカシや虫喰(むしく)いの技法が好んで使われています。ボカシの技法は京友禅でも使われますが、京友禅が内側から外側へのボカシを多用するのに対し、加賀友禅では逆に外側から内側に向かってボカシを施すことが多いようです。
 色彩は、加賀友禅が五彩といわれる藍(あい)、臙脂(えんじ)、黄土(おうど)、草、古代紫を基調とする紅系統を生かした多彩調であるのに対して、京友禅は淡青単彩調が多いと言われます。
 さらに大きな特徴の一つが、加賀友禅では箔や刺繍などによる加工がほとんどなく、本染の味、染の心を大切にしていることです。


小紋などの板場友禅も発達

 また、加賀友禅には手描友禅のほかに板場友禅などすぐれた型染技法があり、江戸・京都にはみられない風格をもつ技法としてそのよさが認められています。手描友禅とは別の意味で手仕事の魅力と合理的な工程で作りだす板場友禅は、型紙彫刻を使うので型友禅とも言われています。
 型紙によって模様を染める手法は、江戸時代より既に小紋染、摺込染(すりこみぞめ)が行われてきました。明治の初めになって、合成染料が輸入され、糊(のり)に染料を混ぜて媒染をせずに直接、捺染(なっせん)をするいわゆる写し友禅の技術が開発されました。この発明は、模様染の業界に画期的な発達をもたらし、金沢でも多くの職人が写し友禅に転向しました。
 現在の加賀の板場友禅は、この歴史と職人の細やかな技術を生かした特選小紋やつけさげなどの高級品が主流を占めています。


歴史ボタン 特色ボタン 工程ボタン 現況ボタン


百万石文化のあらまし
石川新情報書府