百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 蓮田修吾郎

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

蓮田修吾郎(はすだ しゅうごろう)
蓮田修吾郎画像
 鋳金(ちゅうきん)
  文化勲章受章者
   平成3年(1991)受章

略歴
 大正4年8月2日−平成22年1月6日(1915−2010)
 金沢市生まれ。石川県立工業学校図案絵画科を経て、東京美術学校工芸科鋳金部卒業。昭和24年(1949)第5回日展初入選、28年(1953)北斗賞受賞。27年(1952)に創作工芸協会、36年(1961)に日本現代工芸美術家協会の設立に参画する。51年(1976)日本金属造形研究所設立。62年(1987)文化功労者。

旧来の鋳物(いもの)工芸から脱却
 蓮田修吾郎は、東京美術学校在学中に仲間とともに「工芸新人社」を設立して活躍、卒業後は鋳金家高村豊周(とよちか)に師事し、実在工芸美術展などで活躍しました。
 戦後は、青銅や白銅によるレリーフをパネル形式に仕上げて建築空間を飾る手法を開発するなど金工の近代化に先べんをつけました。その後、蓮田は金工と彫刻を積極的に統一した形で、伝統の金工工芸の表現の場を、狭い生活空間から都市空間へと拡大していきます。
 その創作発表の場として昭和53年(1978)金属造型作家展を創設、56年(1981)には北海道のノサップ岬に代表作「四島(しま)のかけ橋」を制作しました。金属造型作家展を軸とした日独交流の実践と拡大にも力を注いでいました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府