百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 隅谷正峯

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

隅谷正峯(すみたに まさみね)
隅谷正峯画像
 日本刀
  重要無形文化財保持者
   昭和56年(1981)認定

略歴
 大正10年1月24日−平成10年12月12日(1921−1998)
 松任市(現・白山市)生まれ、本名隅谷與一郎。昭和16年(1941)立命館大学理工学部卒業。39年(1964)伊勢神宮式年遷宮御神宝玉纏御太刀制作、41年(1966)より新作名刀展無鑑査、審査員を歴任。47年(1972)第1回薫山賞、59年(1984)紫綬褒章、全日本刀匠会理事長。平成4年(1992)日本美術刀剣保存協会理事。

独自の丁子刃文を完成
 隅谷正峯は、大学卒業と同時に刀匠桜井正幸に入門して作刀の手ほどきを受けました。
 翌年独立し、広島県尾道市の興国日本刀鍛錬所に入所しました。31年(1956)には故郷の松任で日本刀鍛錬所傘笠亭(さんりゅうてい)を開き、40、41、49年には新作名刀展の最高賞である正宗賞を受賞しています。39、41、44年、平成元年には伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀(ごしんぽうたち)を制作しました。
 地鉄(じがね)の研究にも熱心で、自家製鋼の研究を経て、銑卸(ずくおろし)の刀剣を制作しており、鎌倉時代の地鉄に近づきつつあります。50年(1975)ごろから正倉院蔵刀子や四天王寺蔵刀剣類を参考に、小刀や刀子を研究、制作を続けています。鎌倉時代の備前刀を得意とし、隅谷丁子(すみたに・ちょうじ)と呼ばれる独自の華麗な丁子刃文(ちょうじはもん)を完成しました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸) ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府