百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 寺井直次

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

寺井直次(てらい なおじ)
寺井直次画像
 蒔絵(まきえ)
  重要無形文化財保持者
   昭和60年(1985)認定



 写真:大堀一彦

略歴
 大正元年12月1日−平成10年3月21日(1912−1998)
 金沢市生まれ。石川県立工業学校漆工科描金科に学び、昭和10年(1935)東京美術学校卒業、六角紫水(ろっかく・しすい)、松田権六(まつだ・ごんろく)、山崎覚太郎(やまざき・かくたろう)らに師事。卒業後、理化学研究所でアルミニウムを用いた金胎(きんたい)漆器を研究。25年(1950)石川県立工業高等学校教諭、47年(1972)石川県立輪島漆芸技術研修所所長、58年(1983)勲四等瑞宝章。

卵殻(らんかく)の技法を開拓
 寺井直次は鍛冶職の家に生まれましたが、漆芸に興味を抱き、石川県立工業学校、東京美術学校に進学し、蒔絵の道に進みました。寺井の技法は、卵殻に代表されます。従来の技法は卵殻を大きく割って張ったり、細粉にして蒔くもので平面的な表現にとどまっていました。寺井は卵殻の並べ方で量感や遠近感、ぼかしなどの複雑な表現を可能にしたほか、白い卵殻で紅梅と白梅を表現するため、卵殻に付着させる漆に工夫を凝らしました。
 また、アルミニウムを電解処理し素地を作る金胎漆器の新たな方法も開拓しました。従来の金胎漆器は鉄などに漆を焼き付ける方法でしたが、寺井の手法により強じんさが増し、金胎漆器の応用範囲を格段に広げました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府