百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 赤地友哉

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

赤地友哉(あかじ ゆうさい)
赤地友哉画像  きゅう漆(しつ)
   重要無形文化財保持者
     昭和49年(1974)認定




 写真:大堀一彦

略歴
 明治39年1月24日−昭和59年6月30日(1906−1984)
 金沢市生まれ、本名赤地外次(そとじ)。小学校卒業後、塗師(ぬし)の新保幸次郎(しんぼ・こうじろう)に師事。上京して塗師の渡辺喜三郎に師事し、昭和2年(1927)に独立。戦前は遠州(えんしゅう)流などの高級茶道具を制作し、戦後は日本伝統工芸展を中心に活躍する。47年(1972)紫綬褒章、53年(1978)勲四等旭日章、55年(1980)日本文化財漆協会会長に就任。

曲輪(まげわ)造りの技術を開発
 赤地友哉は、代々、檜物師(ひものし)の家に生まれ、生家の技術を生かした曲輪造りの技術を開発しました。クサマキの曲輪の一本ずつを下地から漆塗りまで完成させたのち、それらを密着させず、竹針などで半固定の状態で継ぎ合わせて食籠(じきろう)や盛器(もりき)を作ります。乾燥による歪みを曲輪同士のすき間で吸収し、器全体では狂わないという柔構造ともいえる組み立てが特徴です。
 この輪積みは古代の入念な木地製法でしたが、赤地の場合は構造自体を意匠としたのが特徴で、伝統漆芸に明快な機能美を導入した技法として高い評価を得ています。赤地はこの技法を生かし、漆を塗ったままで仕上げ、漆の艶(つや)や刷毛目(はけめ)の後の美しさを生かした花塗(はなぬり)を得意としました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府