百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 木村雨山

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

木村雨山(きむら うざん)
木村雨山画像  友禅
  重要無形文化財保持者
    昭和30年(1955)認定




 写真:大堀一彦

略歴
 明治24年2月21日−昭和52年5月9日(1891−1977)
 金沢市生まれ、本名木村文二(きむら・ぶんじ)。石川県立工業補習学校自在画図案科卒業後、上村(うえむら)松太郎のもとで加賀友禅を修行。昭和9年(1934)帝展特選、12年(1937)パリ万国博覧会銀賞。29年(1954)第1回日本伝統工芸展に出品以来、同展で活躍。30年(1955)日本工芸会理事就任。51年(1976)勲三等瑞宝章。

加賀友禅の新境地を展開
 木村雨山は加賀友禅の名工上村松太郎のもとで加賀友禅の技法を修め、南画家大西金陽(きんよう)に日本画の手ほどきを受け、大正12年(1923)に友禅職人として独立しました。その後も洋画家岡田三郎助(さぶろうすけ)、東京美術学校校長正木(まさき)直彦らの指導のもと、加賀染の古い名品を見る機会にも恵まれます。
 加賀友禅はぼかしを採り入れた絵画的な作風を特色にしていますが、木村は写生による図案をもとに制作を行い、日本画の技法を駆使して、宗達(そうだつ)・光琳(こうりん)風の濃淡の色調を巧みに表現しました。日本の伝統的な美意識を写生調の図案に託し、大和式の意匠構成を現代的感覚でまとめた優雅でみずみずしい新境地を開拓しました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府