百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 魚住為楽

百万石の今昔 巨匠
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

魚住為楽(うおずみ いらく)
魚住為楽画像  銅鑼(どら)
   重要無形文化財保持者
     昭和30年(1955)認定




 写真:木村伊兵衛

略歴
 明治19年12月20日−昭和39年7月15日(1886−1964)
 小松市生まれ、本名魚住安太郎。昭和24年(1949)現代美術展最高賞、27年(1952)第6回金沢市文化賞、北国文化賞、37年(1962)石川県産業工芸展知事賞、39年(1964)勲四等旭日小綬章。

銅鑼作りの工程を開拓
 魚住為楽は、明治37年(1904)に大阪の仏具師山口徳蔵に弟子入りし、仏壇制作の傍らお鈴(りん)などの鳴り物の研究、鋳造に没頭します。やがて、茶席や軍楽(ぐんがく)、歌舞伎囃子(かぶきばやし)などに使用される銅鑼の研究を始め、昭和10年(1935)、帝展出品を機に帝国美術院長正木直彦から精神的な薫陶と制作上の指針を受け、砂張鋳造(さはりちゅうぞう)の研究に没頭します。
 昭和12年(1937)には名品「雲ノ井」を制作したのに続き、13年(1938)には法隆寺夢殿厨子(ずし)修理に参加しました。この後、多くの展覧会で賞を得ますが、特定の師には就かず、砂張の研究に打ち込みました。そして、工夫を重ね、独力で合金、鋳造、熱処理、金槌仕上げから着色に至る、銅鑼作りの各工程を開拓しました。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府