百万石文化のあらまし百万石の今昔 > 巨匠 松田権六

石川県の今昔 人間
伝統文化ボタン 現代文化ボタン 歴史と土壌(江戸)ボタン 歴史と土壌(近代)ボタン 巨匠ボタン Human
作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

作品ボタン

松田権六(まつだ ごんろく)
松田権六画像  蒔絵(まきえ)
 重要無形文化財保持者
     昭和30年(1955)認定
 文化勲章受章者
     昭和51年(1976)受章


 写真:大堀一彦

略歴
 明治29年4月20日−昭和61年6月15日(1896−1986)
 金沢市生まれ。明治43年(1910)石川県立工業学校漆工科入学、大正3年(1914)東京美術学校漆工科入学、昭和18年(1943)同校教授。22年(1947)日本芸術院会員、25年(1950)文化財保護審議会専門委員。37年(1962)日本工芸会理事長、38年(1963)東京芸術大学名誉教授。同年、文化功労者。

戦後、伝統工芸の復興に尽力
 松田権六は、東京美術学校卒業後、早くから美術工芸界の中で頭角を表し、客船の室内装飾や国会議事堂御便殿(ごべんでん)の漆芸加飾などを数多く手掛けました。戦後の混乱期の中から、伝統工芸の復興、文化財保存事業の指導(中尊寺金色堂の保存修理、正倉院宝物の調査など)、国際的な文化交流などに尽力しました。
 昭和30年(1955)には、日本工芸会を設立して、日本伝統工芸展をスタートさせるなど、戦後高まった芸術文化の再興の指導者の一人として貢献、多くの後進を育てました。螺鈿(らでん)や平文(ひょうもん)などの古典技法を現代化させ、平和の訪れを感じさせる温雅さ、伸びやかな華麗さが作品に見られます。


■漆芸・松田 権六前 大峰赤地 友哉寺井 直次大場 松魚塩多 慶四郎
■木工芸・氷見 晃堂川北 良造
■染織・木村 雨山羽田 登喜男
■金工・魚住 為楽隅谷 正峯蓮田 修吾郎
■截金・西出 大三
■陶芸・浅蔵 五十吉徳田 八十吉
■沈金・前 史雄



●伝統文化   ●現代文化
●歴史と土壌(江戸)   ●歴史と土壌(近代)
●巨匠       


百万石文化のあらまし
石川新情報書府