> home > 「石川県の発酵食品」についてのアンケート

石川県の発酵食品についてのアンケート

石川県は昔から酒どころとして有名です。また、金沢市大野地区は醤油の産地として知られています。
どちらも「発酵」によって生まれた食品。石川県の各地域には、地酒や醤油以外にも、地域の暮らしに根づいた独自の発酵食品がたくさんあり、今に伝えられています。
平成18年7月1日〜7月31日、1カ月間にわたって、web上で「石川県の発酵食品」についてアンケートを実施しました。地元・石川県民は、石川県の発酵食品についてどれくらい知っているのでしょうか。

1.石川県は「発酵食品王国」と言われていますが、ご存じでしたか。

知っていた19.1%/知らなかった80.9%

2.次の食品で知っているものを教えてください。(複数回答可)

かぶらずし21/だいこんずし16/いしり(いしる)20/ふぐの卵巣の糠漬け15/こんかにしん(にしんの糠漬け)10/こんかいわし(いわしの糠漬け)14/ふぐのすじ(ふぐの身の糠漬け)9/さばの糠漬け9/にしん漬け4/ひねずし(なれずし、すす)7/

3.これらは石川県が誇る発酵食品です。食べたことがあるものを教えてください。(複数回答可)

かぶらずし21/だいこんずし15/いしり(いしる)12/ふぐの卵巣の糠漬け9/こんかにしん(にしんの糠漬け)8/こんかいわし(いわしの糠漬け)12/ふぐのすじ(ふぐの身の糠漬け)98/さばの糠漬け6/にしん漬け3/ひねずし(なれずし、すす)4

4.あなたが好きな石川県の発酵食品とその理由を教えてください。

■かぶらずし
■だいこんずし
■こんかいわし(いわしの糠漬け)
■こんかにしん(にしんの糠漬け)
■ふぐの卵巣の糠漬け
■いしり(いしる)

5.石川県の発酵食品の中で、全国に誇ることができる発酵食品は何ですか。

1位:かぶらずし
2位:いしり(いしる)
3位:ふぐの卵巣の糠漬け

6.ふぐの卵巣の糠漬けは石川県だけで生産されていますが、そのことを知っていましたか。

知っていた41.9%/知らなかった38.1%/無効20%

7.石川県の発酵食品をどれくらいの頻度で食べますか(利用しますか)。

8.これまで食べたことはないが、今後食べてみたい石川県の発酵食品は何ですか。

1位:ふぐの卵巣の糠漬け
2位:ひねずし(なれずし、すす)
3位:いしり(いしる)

9.あなたの家でつくる発酵食品とその理由を教えてください。

■野菜の糠漬け
■だいこんずし
■かぶらずし

10.あなたがよく食べる発酵食品を教えてください。

1位:納豆
2位:ヨーグルト
3位:キムチ
4位:チーズ
5位:(野菜の)糠漬け

11.発酵食品は健康食品と言われていますが、あなたはどう思いますか。

そう思う66.7%/そう思わない9.5%/わからない23.8%

石川県が誇るさまざまな発酵食品、知っていても口にする機会が少ないのが現状のようです。
しかし、発酵食品の保健機能に期待している人は多く、納豆やヨーグルトなどを食べている人も多いようです。ふるさと石川に伝わる発酵食品にも、目を向けてほしいと思います。