彫りが生み出す加飾の美 輪島塗 沈金

トップページ > メインメニュー > 沈金を極めた作家たち


沈金を極めた作家たち

※ 作品は名品鑑賞をご覧ください。

藤井観文(ふじいかんぶん)

明治21(1888)年〜昭和48(1973)年

輪島市に生まれる。本名徳一。生家は漆器製造販売業を営んでおり、三代橋本佐助に師事する。漆芸のみならず本格的絵画をも志し、日本画家の川合玉堂に師事。日本画で日本美術院展、帝展に入選を果たす。工芸においては、昭和13年第2回新文展に初入選、21年日展特選。31年には第3回日本伝統工芸展初入選し、39年文化財保護委員会委員長賞、40年には日本工芸会総裁賞を受賞する。日本工芸会正会員。沈金技法の中でも片切彫りに秀で、豊かな筆意表現と卓越した観察力、意匠構成で独自の世界を表現する。

掲載作品

  • 幾久花彫風爐先屏風
  • 草木花片切沈金彫菓子皿
  • 片切沈金鐵線文筥
  • 片切沈金東海道五十三次扇面額
  • 片切沈金彫孔雀図衝立
  • 片切沈金彫粟鼠文小箪笥
  • 片切沈金彫鴎文棚
  • 片切沈金彫鶴文棚
  • 片切沈金彫春秋花文飾筥

前大峰(まえたいほう)

明治23(1880)年〜昭和52(1977)年

輪島市に生まれる。本名得二。三代橋本佐助に弟子入りし、沈金を習得する。また絵師・牧一友にも師事し、絵画や図案を学ぶ。昭和4年第10回帝展に初入選、5年には特選。昭和21年の第2回日展でも特選を受賞する。従来の沈金技法に創意を加え、点彫りによる立体感あふれる表現や片切彫りの筆意表現など新しい表現技法を開拓し、沈金を芸術の域まで高めた。昭和30年、沈金で重要無形文化財保持者(国宝)に認定される。同年、日本工芸会創立に参加し、理事に就任。42年の輪島市立漆芸技術研修所設立(昭和47年石川県に移管)に尽力し講師を務めるほか、52年の輪島塗技術保存会の初代会長に就任するなど、後進の指導にも力を注いだ。

掲載作品

  • 牡丹唐草沈金彫箸箱
  • 沈金葛絵棗
  • 彫刻竹黒塗茶櫃
  • 沈金メヒシバ文飾盆
  • 黒塗?色四君子彫刻手箱
  • 水のほとり沈金飾筥
  • 沈金彫猫之図大皿
  • 梅に目白沈金額
  • うさぎ沈金額
  • 沈金彫線とすみれ文飾盆
  • 沈金夕月文盆
  • 沈金ひな鳥文平棗
  • 沈金双鶴文硯箱
  • 金魚と藻彫刻黒塗盃洗
  • 牡丹蔓草刻彫溜塗五段重
  • 沈金牡丹文手筥
  • 庭の草道沈金彫手筥
  • 沈金花壇文飾筥
  • 松喰鶴文漆黒盆
  • 沈金猫文「けはひ」飾筥

三谷吾一(みたにごいち)

大正8(1919)年〜

輪島市に生まれる。本名伍市。昭和8年、蕨舞洲(わらびぶしゅう)に弟子入りする。昭和15年には前大峰に師事。昭和17年第5回新文展に初入選、昭和41年には日展特選、45年には北斗賞を受賞する。60年日本現代工芸美術展で内閣総理大臣賞受賞、63年には芸術院賞受賞するなど活躍。点彫りを駆使し、柔らかな色彩を生かした表現によって独自の世界を描き出している。平成11年輪島塗技術保存会会長就任。平成14年日本芸術院会員となる。

掲載作品

  • 鰈沈金漆筥
  • 「集」
  • 「貝と鳥」
  • 「人・鳥・貝」
  • 「晨明」
  • 「潮風」
  • 「翔」
  • 「月夜野」
  • 「空と雲」
  • 「憩」
  • 双魚飾皿
  • 鳥香合
  • 海の詩

板谷光治(いたやこうじ)

大正14(1925)年〜

輪島市に生まれる。昭和20年、森下弘堂に弟子入り。24年、前大峰に師事する。昭和23年第4回日展初入選、41年第13回日本伝統工芸展初入選以後、日本伝統工芸展に出品。昭和63年には第35回日本伝統工芸展文部大臣賞を受賞する。緻密な沈金技法を得意とする一方、素彫りの手法にも秀で、生き生きとした作品を生み出す。昭和44年日本工芸会正会員に認定、昭和52年輪島塗技術保存会会員となる。


角野岩次(かどのいわじ)

大正14(1925)年〜平成25(2013)年

輪島市に生まれる。叔父の沈金師・牧野清吉に弟子入りし沈金を学ぶ。昭和25年、第6回日展初入選、40年第8回新日展で特選を受賞、60年には第17回日展で内閣総理大臣賞を受賞する。昭和57年には日本新工芸展でも内閣総理大臣賞を受賞している。沈金象嵌を得意とし、豪快さと緻密さを兼ね合わせ、重厚な表現を生み出している。日展評議員。

掲載作品

  • 早春譜
  • 象嵌陽炎飾皿
  • 残月

前史雄(まえふみお)

昭和15(1940)年〜

輪島市に生まれる。金沢美術工芸大学で日本画を学んだあと、昭和39年から重要無形文化財保持者(人間国宝)の前大峰に沈金を学ぶ。昭和43年日本伝統工芸展に初入選。以後同展で文部大臣賞、日本工芸会総裁賞、保持者選賞、日本工芸会保持者賞を受賞するなど活躍する。沈金ノミについても研究を深め自身でノミのかたちまで考え、各種沈金技術を駆使した作品を生み出す。卓越した沈金技術で描く繊細で情感豊かな表現が独自の作風をつくりだしている。平成11年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。石川県立輪島漆芸技術研修所等における漆芸の技術教育にも尽力している。

掲載作品

  • 沈金春愁文漆箱
  • 沈金漆箱「芳春」
  • 沈金朝陽色紙箱
  • 沈金箱「秋すだれ」
  • 沈金箱「竹叢」

トップページこのサイトについてサイトマップ石川新情報書府 DIGITAL ARCHIVES OF ISHIKAWA JAPAN