彫りが生み出す加飾の美 輪島塗 沈金

沈金とは

写真:数々の漆器

英語で陶磁器が「チャイナ」と呼ばれるのに対して、漆器は「ジャパン」と呼ばれます。このことからもうかがえるように、漆器は海外にもよく知られた日本の伝統工芸のひとつです。

 全国各地に漆器の産地がありますが、その中でも輪島塗は「堅ろう、優美」で知られてきました。輪島塗の堅ろうさは他産地には類を見ない丁寧な下地作りによって生まれ、その優美さは塗面の美しさとそこに施された加飾によって創り上げられています。

 漆器の代表的な加飾技法として知られているのが蒔絵(まきえ)と沈金(ちんきん)ですが、輪島塗においては特に「沈金」が大きな発展を見せてきました。
 蒔絵とは、筆を用いて漆で絵を描き、金箔や金粉・銀粉または螺鈿(らでん)などを蒔きつけて塗面に装飾を重ねていく技法です。それに対して沈金は、塗面に鋭利なノミで絵を彫り、そこに金箔や金粉などを入れて絵を表す、塗面を削ることで生まれる加飾技法なのです。したがって失敗は許されず、一彫り一彫りが真剣勝負と言えます。また絵を描くのとは違い、椀や棗(なつめ)など湾曲部を持つものに対して沈金を施すということは高い技術を必要とし、職人の積み上げてきた経験と精神力が作品に反映される技法なのです。

写真:作業する職人の手 輪島塗はその丁寧な製作工程によって、繊細な彫りのタッチを活かせるしなやかで丈夫な塗面、そして深く掘り下げても木地が露出しにくい厚い塗面を持ちます。このことが全国の数ある漆器産地の中でも、輪島で沈金が大きな発展を遂げた要因となったのです。
 そして今もなお、輪島の沈金作品は世代を通して多くの人々に深く愛され続けています。

トップページこのサイトについてサイトマップ石川新情報書府 DIGITAL ARCHIVES OF ISHIKAWA JAPAN