彫りが生み出す加飾の美 輪島塗 沈金

トップページ > メインメニュー > 沈金用語解説


沈金用語解説

|彩漆|漆|上塗|上塗漆
|置目|片切りノミ|生漆|木地
|きゅう漆|金入れ|金粉・銀粉|金箔
|ごみとり刷毛|下絵|下地|漆器
|地付け|地の粉|素彫り|鎗金
|そ地|沈金|沈金ノミ|突きノミ
|砥石|研炭|徒弟制度|中塗
|中塗漆|布着せ|年季明け|年季奉公
|箔置|引きノミ|平ノミ|蒔絵
|蒔絵下|丸ノミ|螺鈿|礼奉公
|呂色|輪島塗|渡し刷毛


沈金用語 彩漆 (いろうるし)
色のついた漆。生漆を精製した透漆に顔料を混ぜてつくられます。
▲トップ
沈金用語 漆 (うるし)
漆の木から採取される樹液で、主な成分はウルシオール。乾くと強い耐久力を発揮します。また酸やアルカリ、塩分、アルコールなどに侵されにくく、防水性、防腐性にも優れています。
▲トップ
沈金用語 上塗 (うわぬり)
上質の上塗漆を数回に分けて漆器の全面に塗ること。塗りの仕上げ工程です。チリやほこりがつかないよう、塗師蔵(ぬしぐら)と呼ばれる作業場で行います。
▲トップ
沈金用語 上塗漆 (うわぬりうるし)
漆を和紙で数回漉すことで不純物を取り除いた上質な上塗(しあげよう)用の漆。
▲トップ
沈金用語 置目 (おきめ)
下絵を器物に写しとる作業を言います。沈金の場合は下絵を描かれた置目紙の裏面から、水溶きしたチタニウムを筆に付けて下絵をなぞり、なぞった裏面を漆器に押し当ててヘラで軽く紙面をしごくことで下絵を転写します。
▲トップ
沈金用語 片切ノミ (かたきりのみ)
沈金ノミのひとつ。片切彫り用のノミ。
▲トップ
沈金用語 生漆 (きうるし)
漆の木から採取した樹液をろ過して木の皮やゴミを取り除いた漆を言います。
▲トップ
沈金用語 木地 (きじ)
漆を塗る前の状態の器物。原木から漆器のかたちに整えたもののことを言い、四種類に大別されています。椀木地、指物木地(さしものきじ)、曲物木地(わげものきじ)、朴木地(ほおきじ)があり、合わせて木地をつくる職人・木地師も四職種に分かれています。
▲トップ
沈金用語 きゅう漆 (きゅうしつ)
器物に漆を塗ることをきゅう漆と言います。素地の造形から下地、中塗、上塗、仕上げまでの工程を言い、漆芸の基本をなす大切な技法です。乾漆、無地塗、花塗、根来塗、アケボノ塗などのさまざまな仕上塗があります。
▲トップ
沈金用語 金入れ (きんいれ)
素彫りされた彫りの上に金粉を摺りいれることを言います。
沈金用語 金粉・銀粉 (きんこ・ぎんこ)
金や銀を粉状にしたもので、沈金や蒔絵の文様をつけるときに使われます。粒子のかたちや大きさなどで様々な種類があります。
▲トップ
沈金用語 金箔 (きんぱく)
金を打って1万分の1〜2ミリの薄さにまで均一に打ち延ばしたもの。
▲トップ
沈金用語 ごみとり刷毛 (ごみとりはけ)
上塗の際、塗りの前に中塗面に付着した細かいゴミやチリを払うための刷毛。
▲トップ
沈金用語 下絵 (したえ)
絵を描くための下描きの絵。蒔絵や沈金などの文様・絵は、置目紙という専用の和紙に描きます。
▲トップ
沈金用語 下地 (したじ)
木地の形を整え、堅ろうにするために行なわれる作業を言い、輪島塗では布着せや地付けなど独特の工法を用います。塗りの良否を左右する大切な工程です。
▲トップ
沈金用語 漆器 (しっき)
漆を塗った器物のこと。英語では“japan”と訳されます。
▲トップ
沈金用語 地付け (じつけ)
生漆と地の粉、米糊を混ぜたものを地漆といい、これを塗ることを地付けと言います。粒子の粗いものから細かいものへ一辺地、二辺地、三辺地と数回塗り合わせることで丈夫で綿密な肌をつくります。
▲トップ
沈金用語 地の粉 (じのこ)
輪島市内から産出する珪藻土を蒸し焼きにし、粉砕させた粉末のこと。漆に混ぜて下地塗に使用すると堅牢さが増します。
▲トップ
沈金用語 素彫り (すぼり)
漆器に写した下絵に合わせて線彫りや点彫りなどの彫りを施すことを言います。彫りを施し、金を入れる前の状態を指します。
▲トップ
沈金用語 鎗金 (そうきん)
中国における沈金のこと。宋王朝(618〜1279年)の時代に始まり、明王朝(1368〜1644年)時代初期に最も発達した技法です。
▲トップ
沈金用語 そ地 (そじ)
塗りを施す前の器物の状態を言います。椀、指物、曲物などの木地づくりや、籃胎技法、脱乾漆技法などの製作技法があります。
▲トップ
沈金用語 沈金 (ちんきん)
漆器の加飾技法のひとつ。沈金ノミで文様を彫り、薄く漆を塗って金箔や金粉を押し入れ、文様を浮かび上がらせます。銀粉や顔料などを用いる場合もあります。
▲トップ
沈金用語 沈金ノミ (ちんきんのみ)
沈金専用のノミのことを言います。
▲トップ
沈金用語 突きノミ (つきのみ)
線彫りにおいて手前から奥へ線を彫るノミの動きを言います。
▲トップ
沈金用語 砥石 (といし)
沈金ノミを研ぐための研ぎ石。研ぎによって刃先の微妙な調整を行うため、沈金師にとって重要な道具のひとつ。
▲トップ
沈金用語 研炭 (とぎすみ)
漆面を平滑に研ぐために用いる炭。やわらかいため、漆器や曲面の研ぎに向いています。
▲トップ
沈金用語 徒弟制度 (とていせいど)
親方のところに弟子入りし年季奉公して修行し、一人前に育てられる教育制度を言います。
▲トップ
沈金用語 中塗 (なかぬり)
中塗漆を中塗刷毛で全面に塗ること。また中塗に関する工程全体を指します。中塗の工程では、塗りのあと中塗の凸部分を削りとり、凹部に錆漆(生漆と水練りした砥の粉を混ぜたもの)を塗り、炭で研いで平滑にします。その後もう一度中塗漆を塗って炭研ぎをし、全体を研いで綿布で拭き上げます。
▲トップ
沈金用語 中塗漆 (なかぬりうるし)
下地層に染み込み、下地をさらに堅く固める効果のある中塗用の漆。
▲トップ
沈金用語 布着せ (ぬのきせ)
椀の縁や高台などの木地が薄く割れやすい部分に布を貼って補強すること。
▲トップ
沈金用語 年季明け (ねんきあけ)
定められた年季が終わること。職人の世界においては、一人前になったことを意味します。
▲トップ
沈金用語 年季奉公 (ねんきほうこう)
年季を定めて働くこと。職人の世界においては、親方のところに弟子入りし一定の年数そこで修行することを言います。
▲トップ
沈金用語 箔置 (はくおき)
素彫りされた彫りの上に金箔や銀箔を貼ることを言います。
▲トップ
沈金用語 引きノミ (ひきのみ)
線彫りにおいて奥から手前へ彫るノミの動きを言います。
▲トップ
沈金用語 平ノミ (ひらのみ)
沈金ノミのひとつ。刃が真っすぐのもの。
▲トップ
沈金用語 蒔絵 (まきえ)
漆器の加飾技法のひとつ。筆を用いて漆で文様を描き、金粉や銀粉を付着させます。蒔絵の中には平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵、平文などの技法があります。
▲トップ
沈金用語 蒔絵下 (まきえじた)
加飾を施す前に漆面を研いで面を均一にしておくことを言います。
▲トップ
沈金用語 丸ノミ (まるのみ)
沈金ノミのひとつ。刃が丸いもの。
▲トップ
沈金用語 螺鈿 (らでん)
あわび貝やちょう貝の真珠色の光を放つ部分を砥石で平らにし文様のかたちに切って、木地や塗面などにはめこんで装飾する加飾技法です。
▲トップ
沈金用語 礼奉公 (れいほうこう)
年季が明けたのち、これまで育ててくれた親方に感謝し、一年間通常の報酬よりも安い報酬で勤めることを礼奉公と言います。
▲トップ
沈金用語 呂色 (ろいろ)
上塗りのあと、呂色炭で平滑に研ぎ、漆を数回擦り込んで磨くことを繰り返し、鏡のような艶を出す作業です。塗りを傷つけないよう、人の手で行われる繊細な工程。輪島では呂色を専門に行う呂色師がおり、艶上げのほかさまざまな変わり塗も行います。
▲トップ
沈金用語 輪島塗 (わじまぬり)
石川県の輪島でつくられる漆器を言います。地の粉を使った堅ろうな下地、沈金彫りによる装飾が特色。また全国のお客様の一軒一軒を訪ねて商売をする行商制度によって育まれたことも特徴です。主に実用漆器として発展し、今も根強い人気のある漆器です。
▲トップ
沈金用語 渡し刷毛 (わたしはけ)
上塗のときに、適量の漆を荒付けするためのはけ。
▲トップ

トップページこのサイトについてサイトマップ石川新情報書府 DIGITAL ARCHIVES OF ISHIKAWA JAPAN