◆材料:4人分
(a)
○鯛 1尾 ○塩 適宜 ○酒 大さじ2〜3
(b)
○おから 2〜3カップ ○人参 30g ○きくらげ 大1枚
○ごぼう  1/2本 ○筍(茹でた物) 50g ○銀杏 12粒
○麻の実 小さじ1
(c)
○出し汁 1〜1.5カップ ○醤油 大さじ5 ○砂糖 大さじ6
○酒 大さじ4
(d)
○醤油 大さじ3 ○味醂 大さじ2 ○砂糖 大さじ1
○水溶き片栗粉 少々
(e)
○油 適宜
(f)
○はじかみ生姜甘酢漬け 4本
■作り方
(1)鯛はうろこを取り、表を上にしてまな板に置き、背びれの裏側から背開きし、内臓を取出し水洗いし、酒を加えた海水程の塩水の中に漬けておきます。
(2)人参、筍、戻したきくらげは千切り、ごぼうは笹がきにして水にさらしてあく抜きし、殻を除いた銀杏は茹で て薄皮を取り除きます。
(3)鍋に油を入れ火にかけ、人参、ごぼう、筍、きくらげを軽く炒め、(c)の出し汁、調味料を入れ、おからを入 れて焦がさないようにして、充分に炒り煮し、銀杏、麻の実を混ぜ合わせ味を調えます。
(4)(1)の鯛の水気をふき、開いたところに(3)を詰め、1時間位蒸します。
(鯛の大きさによって、おからの量、蒸し時間は異なります。)
(5)器に盛り、はじかみ生姜の甘酢漬けを添えます。

※好みで食べる時に、取り分けてから薄くずあんをかけてもよいです。