木竹工 : エピソード

風吹けば桶屋は儲かる?

 「風吹けば桶屋が儲かる」とは、何かが起こった事によって第三者が得をする、という意味のことわざです。ではなぜ風が吹くと桶屋が儲かるのでしょうか。
 通説では、このような由来になっています。風が吹くと土埃(つちぼこり)が生じます。その埃が目に入り目の病気になる人が増え、目の見えない人の使う三味線の需要が増えると、三味線の材料になる猫の皮が必要になります。猫が捕らえられ、結果ねずみが増えて桶がかじられ、桶屋が儲かる……。しかしさすがに強引で無茶のある話です。実際のところは、風が吹くと空気が乾燥し、桶に使われている木が乾いて収縮し、たがが外れてしまい、使い物にならなくなってしまうので桶屋が儲かる、ということから由来しているようです。


メニュー
くるみ割人形の誕生