再現 金沢城金沢城よもやま話 > キリシタン大名・高山右近 金沢城を作った高山右近


キリシタン大名・高山右近

高山右近肖像(カトリック金沢協会蔵)
金沢城を作った
高山右近
高山右近は、天文21年(1552)摂津の国で生まれました。織田信長と豊臣秀吉の時代に、勇猛な戦国武将として名を馳せました。また、信仰の厚いキリシタン大名としても有名です。右近は永禄7年(1564)、12歳のときに洗礼を受けました。洗礼名はジュスト。以後どんなに信仰への弾圧があっても、改宗をしませんでした。秀吉の時代の天正16年(1588)、改宗をしないということで、領地召し上げとなり、加賀藩領かりとなりました。慶長19年(1614)、豊臣秀吉の後を継ぎ、天下統一を成した徳川家康が発した、キリシタン禁止令で国外追放となりました。
金沢城を作った高山右近高山右近と築城築城の歴史金沢城以前
メニューに戻る



再現 金沢城
石川新情報書府